漆原3倍増「成長できた」オリックス更改コメント集 – プロ野球 : 日刊スポーツ

0
株式
17
ビュー





大幅アップで契約更改、笑顔で会見を行う漆原(撮影・前岡正明)

大幅アップで契約更改、笑顔で会見を行う漆原(撮影・前岡正明)




オリックスは3日、大阪・舞洲の球団施設で契約交渉を行った。(金額は推定)

 

山崎颯一郎投手(450万円・20万円減)

「(支配下に復帰)うれしいというのと、今年はリハビリで何の戦力にもならなかった。来年は戦力になれるように頑張りたい。(リハビリ中は)同級生が試合で投げていて悔しい思いがあったので、その気持ちを練習にぶつけていました。(最速は)152キロ。まだまだ上がる感じはします。変化球の精度も上げたい。先発でやるのか中になるのか分からないけど、与えられたポジションで投げていきたいです」

 

頓宮裕真捕手(900万円・300万円減)

「(減俸は)仕方がない。防ぎようのないケガをしてしまって、2年間同じような1年間を繰り返してしまっている。後半は捕手として出られましたし、来年につなげたいです。(来季は)ずっと1軍にいてレギュラーを取れるように。打撃だと2桁本塁打を打てるようにやっていきたい」

 

漆原大晟投手(1200万円・780万円増)「(今季は)支配下登録から始まり、1軍登録されて初登板して、自分自身も成長できたと感じてますし、いい1年だったと思う。(クローザーを狙うか)中継ぎをやっている中で、各チームの勝ちパターンで投げている選手は素晴らしい選手が多い。そこの7、8、9回に食い込める選手を目指していきたいと思っているので、まずは接戦で投げられるような選手を目指していきたい」

 

鈴木優投手(950万円・420万円増)「(1軍で)通用するところもあって自信がついた。まだまだ足りないところも感じていて、オフにつぶしていきたい。状態が悪いときでもピッチングが出来るように、自分の中の引き出し、コントロールを良くしたり、カットボールを使い始めるとかやっていけたら。(来季は)先発なら勝って、リリーフなら勝ち試合で投げられるようにしたい」










関連記事


クレジットソースリンク

最も人気