山口俊は巨人復帰も!自由契約なら交渉へ – プロ野球 : 日刊スポーツ

0
株式
4
ビュー





山口俊(2020年2月15日撮影)

山口俊(2020年2月15日撮影)




巨人が10日(日本時間11日)にブルージェイズのメジャー40人枠から外れた山口俊投手(33)が自由契約になった際への獲得準備を進めていることが分かった。

メジャー移籍後も山口と親密にコミュニケーションを取り続けており、復帰する状況となれば、情報を精査したうえで、本格交渉に乗り出す見通しだ。

ブ軍はこの日、レッドソックスからウエーバー公示された救援右腕ジョエル・パヤンプス(26)を獲得。出場選手登録の前提となる40人枠に空きがないため、入れ替えに山口を外した。40人枠から外す手続きはDFAと呼ばれ、執行された時点でただちに40人枠外となる。7日以内にウエーバーにかけられ、獲得を希望する球団があれば移籍するが、なければ球団に残留しマイナー所属となるか自由契約になる可能性もある。

山口は昨季、巨人から初のポスティングシステムでブ軍に移籍。2年総額635万ドル(約6億6700万円)の契約だった。1年目の昨季は救援として17試合に登板し2勝4敗1ホールド、防御率8・06。18日(同19日)からのブ軍バッテリー組のキャンプに備え、既にキャンプ地のフロリダ州タンパ入り。現在は自主隔離中で、代理人のジョシュ・パーセル氏と今後についての協議を進めていくとみられる。

古巣である巨人は、ポスティング申請をした際にも背番号11を空け、契約不成立の場合には受け入れる準備をしていた。メジャー移籍後も動向を注視し、自主トレ場所として球団施設を提供していた。今回、山口が自由契約となった場合、真っ先に手を挙げて迎え入れる準備を着実に整えている模様だ。










関連記事


クレジットソースリンク

最も人気