理事紹介


理事長

永谷 研一

発明家。1966年静岡県沼津市生まれ。東芝テック、日本ユニシスを経て、1999年4月株式会社ネットマンを設立。大学や企業の教育において、ITを活用した「学び合う場作り」を提供する。大学や高校での「ケータイ活用授業」のパイオニア。人材育成に必要なITを開発、特許を取得し、キャリア開発の人材育成プログラムを開発、三菱東京UFJ銀行や日立グループ、明治大学、駒澤大学、高知大学などで自ら講師を実践する。NPO法人 人材育成マネジメント研究会の理事を勤めながら、自らも 「若手成長研究会」を立ち上げ、若者に勇気とチャレンジ精神を与えるプログラムの研究を行っている。また、住んでいる伊豆の地域活性にも力をいれ、JAXAの協力を得て小学生向けの親子で行う工作の実験教室 「伊豆・宇宙の学校」を主催している。学習コミュニティーのネットワーク「知恵組」代表

副理事長/基盤教育研究分科会 会長

堤 宇一

「教育効果測定」を2000より専門テーマとして研究を開始。小会では「基盤教育研究分科会」の代表として活動。現在、教育効果測定に関するコンサルタントおよびリサーチャーとして国内外の雑誌、学会などで研究発表を行なっている。また、教育効果測定での米国の第一人者であるJack Phillips氏が主催するROI Network(後にASTDとの事業提携によりASTD ROI Networkに名称改名)にて、アドバイザリーコミッティボードを2001年1月より2004年12月まで2期(4年)勤める。 実施した教育効果測定プロジェクト数は30プロジェクトを越える。その中の一つ、(株)豊田自動織機で2002年に行なった「SQC問題解決コースの教育効果測定プロジェクト」はアジア初の事例としてIn Action ,Implementing Training Scorecards (ASTD)に掲載された。「人材育成マネジメント研究会」を設立、現在副代表を勤める。

理 事/ICT利活用教育研究分科会 会長

佐藤 司

小会では「ICT利活用教育研究分科会」の代表として活動。1989年より、国内企業にてシステム開発、パッケージ開発等の仕事を経て、1997年に故郷秋田へ一旦帰京し、農業に従事した後、2000年に新しいワークスタイルを追求し、会社作りに参画。ネットワーク人材の発掘・開発、販売管理パッケージ開発、CRMパッケージ企画・販売、大学のe-ラーニングソリューション等、多岐な業務に係わる。現在では、自ら農業を営むとともに、教育ビジネスに取り組む。 2010年独立後、ネットマンソフトウェアサービス株式会社を設立し、ソフトウエア企画開発、大学を対象にした教材開発、出版業等の事業を展開。

理 事

中川 繁勝

プロセス制御系SEを経て、プロセスデータ活用パッケージの開発とその新規事業を推進。平行して、社内の新人研修改革プロジェクトを立上げ、研修プログラムを刷新し研修運営にも携わる。外資系ネットワーク機器ベンダーでユーザー向け技術者トレーニングプログラムのマネージャを務め、E-Learningコンテンツの日本語版開発にも携わった後、2002年よりITコンサルティング会社の人財開発マネージャとしてヒューマンスキルからITスキルまで幅広い人材育成プログラムの開発と研修運営、知的情報共有環境の整備に努めてきた。 2009年に独立し、幅広い企業や団体に向けた人財育成の活性化の支援を開始。研修プログラム開発、研修講師やファシリテーションを提供し、人財育成のクオリティ向上に努めている。"人は、お互いにつながり、人脈や知識・認識の領域が広がることでより成長する"と考え、教えられるだけの研修から、自ら気づき学ぶ研修への質的向上を目指している。対話による人の成長に注目し、ワールド・カフェ・ウィーク実行委員としても活動中。

理 事

阪井 和男

明治大学法学部教授
1987年理学博士取得。1990年明治大学法学部専任講師。1998年より現職。
情報コミュニケーション学会副会長/NPO実務能力認定機構理事
DPCマネジメント研究会理事/オープンソース&リソース戦略研究会共同代表
次世代大学教育研究会事務局長/明治大学サービス創新研究所所長
明治大学死生学研究所副代表/明治大学社会イノベーション・デザイン研究所事務局長

理 事

寺尾 敦

青山学院大学社会情報学部准教授
1992年和歌山大学教育学部卒業。
1999年東京工業大学大学院総合理工学研究科 博士課程修了。博士(学術)
日本学術振興会特別研究員、カーネギーメロン大学 博士研究員、
北海道大学博士研究員を経て、現在、青山学院大学社会情報学部准教授。
ケータイ活用教育研究会代表。

理 事

田村 恭久

上智大学理工学部准教授
1987年上智大学大学院前期課程修了。同年日立製作所システム開発研究所。1993年 上智大学助手。
1996年 博士(工学)。現在同准教授。専門分野はソフトウェア工学、ハードウェアアーキテクチャ、ドメイン分析などを経て、現在教育工学。eラーニング、協調学習、自然言語処理を用いた学習支援、プロトタイピング技法を用いたインストラクショナルデザインなどを研究。教育システム情報学会、日本eラーニング学会、日本教育工学会、情報処理学会、ヒューマンインタフェース学会等会員。