代表挨拶



人材育成マネジメント研究会は、2005年にNPOとして設立して以来、「学びの質の向上」を目指して多くのワークショップを開催してきました。

なぜ今「質」が求められているのでしょうか。

人口・経済の拡大が前提であった社会構造が、立ちゆかなくなったからでしょう。
誰かを踏み倒し、誰かが犠牲となることで成り立つやり方に限界が来ているのでしょう。
だからといってお手手つないでみんなで仲良く、といった状況でもありません。
既成概念にとらわれない自由な発想によって生まれるイノベーションによって、新しい時代が切り開かれていくことは間違いありません。

多くの価値観が存在するこの時代に、もう正解はありません。
みんなが納得できる解を見つけていくしか方法はないのです。

それを支えるのはすべて「人」です。





教育の原点は、やはり「人」―――――、さらに言えば「いのち」です。

学ぶ人、一人一人が主役となって社会を構成していく。
国、会社、学校、地域、ひとつの家族においても、組織の中でひとりひとりの「人」を活かすための教育。
あらゆる組織において、もっと「個」が尊重されるべきではないでしょうか。

「組織」と「個」の関係が逆になれば、とんでもない事が起こるでしょう。

国のために国民が命を犠牲にし、
会社のために社員が必要以上の利益を求められ、
学校のために生徒が学力の向上を強いられ、
地域のために言いたいことが言えない住民が増え、
家族のために体を壊しても働き続けなければならない。

では、私たちは「教育」に携わる人間として、「個」が活かされる社会にするために、どのように行動をしていけば良いのでしょうか。

まず最初に私たちがすべきなのは、今までの過ちを反省することではないでしょうか。

今までのような企業内教育でいいのか。
今までのような学校教育でいいのか。
今までのような地域教育でいいのか。
今までのような生涯教育でいいのか。
今までのような家庭教育でいいのか。

そして、国民であり、社員であり、父であり、母である前に、ひとりの『人』として原点に帰ることが必要なのです。
その上で、教育に携わるプロフェッショナルとして、教育の「質」を向上させる必要があります。





「質」の向上を図るために必要な要素は「考え抜き、行動を起こす」ことだと思います。

教育の「質」とは何なのかということを、もっと深く考え抜く必要があるのです。
そのためには、基礎となる「知識」や「知恵」を学び、「行動を起こす」必要があります。
そして「素」の状態で共に悩む仲間が必要です。

「考え抜き、行動を起こす」人たちが
人を生かすことを考え抜くみんなの場―――――

人材育成マネジメント研究会は、そんな場を創り上げていきたいと思います。





今までの『教育基盤研究』に加えてもう一本の軸『ICT利活用教育分科会』を加えます。
本会は単科大学から総合大学になっていくイメージです。

次世代大学教育研究会の分科会『ケータイ活用教育研究会』と提携し、ICTを活用した教育の実証・実践のワークショップを本会でも開催することとしました。

最近はデジタル教科書の協議会が出来るなど産官学の連携が進んでいます。
これからの教育を考える上とても重要な「ICTを利用して学習をデザインする」という本会のテーマとしても掲げることにしました。
※ ICT(Information Communication Technology)

企業と大学はもっと連携できるはずです。
そのためには、まず人と人の関係がなければ始まりません。

本会のワークショップを通じて、大学の先生と企業の人材育成担当の方々がもっと手をつなぐことができたらどんなにすばらしいかと思います。




私へ平素より『ソトガク』を広める活動をしています。
外に学んで内に生かす。
人とつながって成長していこうとするという生き方です。
多くの方に積極的にご参加頂き、勉強や対話を通じ、互いに学び、互いに成長をして頂くことが我々の願いです。

学ぶ人が主役―――――
まさに、あなたも主役なのですから。

今後とも、NPO法人人材育成マネジメント研究会を宜しくお願い致します。