2014年3月15日 (土)開催 | ICT利活用教育研究分科会

パフォーマンスで能力は測れるか?~動機のマネジメントと活きた現場のKPIの発見~

平成26年3月15日(土)14時 ちよだプラットホームスクエア 地下ミーティングルームR001にて
演題
「パフォーマンスで能力は測れるか?~動機のマネジメントと活きた現場のKPIの発見~」
を開催しました。
今回も、明治大学 阪井先生にご協力いただき、参加者の方(総勢6名)と演題のテーマにてディスカッションを重ねました。

プログラムは
●目的「活きた現場のKPIを発見する!」
・導入
・KPIとイノベーション
●活力を生む包摂する社会
・パフォーマンスで能力は測れるか?
・ハラスメントと学習の意味
●学習のデザイン指針と実行指針
・深いスキルと直感を鍛える帰納推論
・活きた現場のKPIを発見する
の流れで進行しました。

当日の配布資料

EPSON006.JPG

EPSON007.JPG

当日の様子

IMG_3641.JPG

IMG_3644.JPG

IMG_3646.JPG

開催日 2014年3月15日 (土) 14:00~17:00
学習テーマ

人材育成に関わる注目度の高い新しい研究テーマについて議論します。

講 師 阪井 和男 先生(明治大学/教授)
会 場

ちよだプラットホームスクエア(東西線 竹橋駅 徒歩5分)
http://yamori.jp/access

地下:ミーティングR001

定 員 5名(最低催行人数2名)
参加費 HRDM会員2000円、非会員8000円
参加対象者

・企業の研修担当及び研修講師
・大学教員など教育に関わる方
・キャリア教育に関わる方
・プロジェクト等も問題解決に関わる方

開催概要

年に1回 人材育成に関わる新しい研究テーマについて議論しております。昨年のテーマを下記に掲載いたします。
http://hrdm.jp/2012/06/post-118.html

今回も引き続き、大きいテーマは
「パフォーマンスで能力は測れるか?」ですが、
サブテーマとして
「動機のマネジメントと活きた現場のKPIの発見」
と置きました。
現場で本当の意味でのパフォーマンスを発揮するには、仕事に対しての動機がとても大切になると思います。その動機をどのようにマネジメントするかが、一つのヒントではないでしょうか?そのマネジメントのために必要な活きた現場のKPIの発見していくためのプロセスを参加者の皆さんと議論していきたいと思います。

支払方法と
領収書発行

■支払方法:
当日会場受付時に現金支払

■領収書発行:
領収書をご要望の方は、お申し込みの備考欄に「領収書要」と、ご記入ください。会社名(学校名)欄にご記入いただいた宛名で用意いたします。なおそれ以外の宛名をご希望の方は、お申し込み備考欄に、宛名を明記ください。

キャンセル
について

申込後のキャンセルは、早めにご連絡ください。
開催の5日前より以下のキャンセル料金が発生いたします。
なお、キャンセル料に関しては、後日請求となります。

・開催5日前~3日前のキャンセル料は、参加料の50%
・開催2日前~当日のキャンセル料は、参加料の100%
・連絡なしの不参加は、参加料の100%