2012年9月14日 (金)開催 | 人材育成活性化研究分科会「Expand Network」

「マシュマロ・チャレンジ」〜ワークの活用方法〜

「マシュマロ・チャレンジ」〜ワークの活用方法〜 活動報告    
(人材育成マネジメント研究会 理事 中川繁勝)

 仕事の後の2時間半。
 みなさんそれぞれにお忙しい中、30名ものみなさんにお集まりいただきました。ありがとうございました。

2012-09-14 19.17.25.jpg

人材育成に関わるみなさんはもちろん、講師、コンサルタント、組織開発、学校関係者などなど、様々なみなさんにお集まりいただきました。

早速、マシュマロ・チャレンジ!
ということで、簡単に進め方を説明した後、さっそくチャレンジしていただきました。
今回は4人1グループ。
とにかく体験!ということで、18分間でどれだけ高い構造物の上にマシュマロを置くことができるかを、8グループで競争していただきました。



2012-09-14 19.20.29.jpg   2012-09-14 19.24.56.jpg   2012-09-14 19.35.13.jpg

 スパゲッティの乾麺とテープとヒモとはさみ。これだけの限られたツールを使って、あれやこれやとアイデアを出しつつ、または誰かがリーダーシップを発揮しつつ進めていく様子は、まるで幼稚園か小学校の教室の様。もし会社だとしたら、課長と主任と課員が2人というようなグループでも、だれもが平等に自由に意見を出し合いながら進めていく様子がいられました。

2012-09-14 19.37.24.jpg   2012-09-14 19.36.18.jpg  2012-09-14 20.03.07.jpg

2012-09-14 20.25.09.jpg
結果は、最高73.5cm!最低は0cmでした。

0cmとなってしまったグループはうまく立たせることができなかったのが敗因のようです。

でもどうしてこのような違いが出てくるのでしょうか。
それをひも解くために、このあとワールド・カフェを使って振り返りをしました。


2012-09-14 20.22.46.jpgのサムネイル画像

ワールド・カフェでの問いは

  「18分間の間に何が起こっていたのでしょうか?」

テーブルの上に起こっていたこと、グループの中に起こっていたこと、自分の中に起こっていたことなど、様々な観点からの振り返りがなされていたようです。



2012-09-14 20.54.58.jpgのサムネイル画像

最後のラウンドで問いを変更。

  「ここから得られることは何だろう?」

という問いに変えて、マシュマロ・チャレンジから学べること、気づけること、活用できることへと発展的に対話を進めていただきました。



2012-09-14 21.25.46.jpg   2012-09-14 21.22.12.jpg   2012-09-14 21.28.33.jpg

 最後に全体共有。
 
 ここでは、それぞれの観点から、マシュマロ・チャレンジの活用方法についてをここまでワールド・カフェで対話いただいた内容をベースに数名の方々より意見をいただきました。

 私も新しい観点を見いだすことができましたが、はじめてチャレンジされたみなさんの気づきはもっと多かったものと思われます。そこかしこに納得感のにじむ表情や、すでに活用方法を考えているような方もいたようです。

 終了後も名刺交換が活発に行われていたり、記念撮影をして帰るみなさんもいらっしゃいました(初めて!)。マシュマロ・チャレンジが短時間でチームをつくるためのツールとして使えること、さらに比較的強い連携を生み出すことができるということでしょう。

 とても盛り上がり、かつ価値のある時間となりました。
 2回目の開催も検討したいと思っています。

2012-09-14 21.42.34.jpgのサムネイル画像   2012-09-14 21.44.30.jpg


以上






<ご案内>

研修ではこれまで様々なワークが実践されてきています。
それぞれのワークには何らかの学びがあり、研修受講者は体験を通じて何かを感じ、考え、成長につなげていきます。

2010年、TEDにおいてトム・ウージェックが紹介したマシュマロ・チャレンジに関する興味深い研究結果は、いまでも多くの教育関係者の注目を集めています。


「マシュマロ・チャレンジ」とは、スパゲッティの乾麺、90センチのテープとひも、そして一個のマシュマロを使って行われるシンプルなワークです。これらを使ってできるだけ高い構造物を作り、てっぺんにマシュマロを載せるのが目標です。

さて、あなたならどのように作りますか?


今回は皆さんと一緒にこのマシュマロ・チャレンジを体験しましょう。

その体験を踏まえて、このワークから感じたこと、学べるであろうこと、応用方法などをワールド・カフェスタイルで話しあい、新たなアイデアを見つけてお持ち帰りいただける場をご提供します。

さて、あなたならマシュマロ・チャレンジをどのように使いますか?

開催日 2012年9月14日 (金) 19:00~21:30
学習テーマ

「マシュマロ・チャレンジ」を体験し、その活用範囲を考える

講 師 中川 繁勝 (なかがわ しげかつ)   ダイナミクス・オブ・ダイアログ LLP パートナー/エスジェイド代表・人財育成プロデューサー/NPO人材育成マネジメント研究会理事
会 場

豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと 会議室B
 ライズアリーナビル 3 F
 http://www.owlspot.jp/access/index.html
 東京メトロ 有楽町線 東池袋駅 6・7出口より直結

参加費 会員 1,000円 / 非会員 3,000円 (いずれも税込み) 当日、会場にてお支払いください
参加対象者

●学校、企業、その他団体において教育や人材育成に関わる方
●研修サービス企業にお勤めの方
●研修講師、コンサルタントの方

開催概要

≪Part1:マシュマロ・チャレンジ体験≫

≪Part2:ワールド・カフェ≫
マシュマロ・チャレンジの体験を踏まえて、ワークから学べることなどをテーマにワールド・カフェをします。具体的な「問い」は当日発表します。

※ 本セミナーは、ダイナミクス・オブ・ダイアログLLPとの共催です。