2010年11月20日 (土)開催 | ICT利活用教育研究分科会

スレートPC・電子書籍とeラーニングの未来

【テーマ】スレートPC・電子書籍とeラーニングの未来
【講師】上智大学理工学部 田村 恭久 先生 http://tamuralabo.info/
PB200800.JPG PB200803.JPG PB200805.JPG
【プログラム】
1.スレートPCの現状・特徴・限界
2.電子書籍の技術とマーケット
3.電子教科書の得失
4.ラーニングの可能性と将来
5.グループディスカッション

【事前アンケート】
enq20101120.jpg

【資料全体像】
mokuji20101120.jpg

【講演内容】
1.スレートPCの現状・特徴・限界
2.電子書籍の技術とマーケット
3.電子教科書の得失
4.ラーニングの可能性と将来
田村先生から上記の流れで技術やマーケットの現状を整理し説明いただいた。
詳細は、▼配布資料を参照。
http://prezi.com/pcvt9enxft4z/slatepc-ebook/

kindle20101120.jpg ipad20101120.jpg

【グループディスカッション】
スレートPC・電子書籍とeラーニングをキーワードにそれぞれグループに分かれてグループディスカッションを行った。
グループ毎にディスカッションするテーマは自由に決めて進めた。

■グループ1:電子書籍ってなに?
PB200834.JPG

■グループ2:eLearningのビジネスが電子書籍でどうなるのか?
PB200839.JPG

■グループ3:スレートPCについて望む事
PB200836.JPG

【受講後アンケート、コメント】
受講後アンケートでいただいたコメントを掲載します。
●役立ったこと、気づいたこと
・電子書籍関係の、まだ混沌とした状況が何となくわかりました。
・米国での展開や日本での現状の課題がよくわかりました。
・e化だけじゃだめ!がわかった。
・スレートPCの種類、規格の多さを知りました。知るところから始めたいです。
・ベンダーの都合が先行しており、ユーザー目線の議論が足りていないことに気がつきました。
・電子教科書にはまだ馴染みが無いですがでは、若手の教育に向けた今後の方向性が見えてとても興味深かったです。
・かなり先の有る市場なので皆で話せたのがよかった。
・デバイスの幅広い話が聞けた。他の人の悩みが聞けた
●今後のeラーニングや電子書籍に期待すること、要望すること
・個人のノートやグループ学習のホワイトボードの内容などを電子書籍データに関連づけて保存したいです。
・コンテンツの増加。
・助成金を止めないで!
・楽しく幸せな世の中にして欲しいです。
・編集可能で協調学習ができるような仕組みの実現 。ユーザビリテイです。
・とにかく利用する人をふやす。のが大事ですね。特に先生がたにひろめかた。仕分けないでほしい
・コンテンツをもとに他の人と繋がりたい幅が広がる

(記録係:佐藤司)

ナビゲーター



開催日 2010年11月20日 (土) 14:00~17:00
学習テーマ

学習支援のツールとしての可能性・将来性を議論します。

講 師 上智大学理工学部 田村 恭久 先生 http://tamuralabo.info/
会 場

知恵組カフェ 【地図はこちら】

東京都中央区八丁堀2-2-4 4F
JR東京駅より徒歩15分/東京メトロ日比谷線八丁堀駅より徒歩5分

定 員 20名
参加費

会 員/無 料  非会員/2,000円

参加対象者

・企業の研修担当及び研修講師
・大学教員など教育に関わる方
・Eラーニング事業に関わる方
・電子書籍による教育事業に関わる方、参入を検討されている方

開催概要

【講演概要】
近年スレートPC (iPadやKindleなど)が登場し、またこの上で
本や雑誌が読める電子出版のマーケットが立ち上がっています。
これらのPCや電子書籍は、学習の道具として今なにが可能で、
今後どう発展するのでしょうか?
講演では技術やマーケットの現状を整理し、また学習支援のツール
としての可能性・将来性を議論します。

【プログラム】
1.スレートPCの現状・特徴・限界
2.電子書籍の技術とマーケット
3.電子教科書の得失
4.授業やeラーニングの可能性と将来
5.まとめ