2007年12月 6日 (木)開催 | 基盤教育研究分科会

第7回教育効果測定分科会 「テスト開発の基礎理論」



■ナビゲーターコメント


第7回 教育効果測定分科会 実施報告

教育効果測定シリーズセミナーの最終回「テスト開発の基礎理論」が終了いたしました。
本セミナーをご受講いただき、今まで何気なく理解度テストやアセスメント診断を講師やベンダーに依頼し、提示結果を疑いもなく社員の能力判定や教育効果測定のレベル2評価として受け入れていたことに、大きな疑問符が沢山浮かんできたことと思います。

今回のセミナーより、目に見えず、触れることのできない人の能力や教育の効果を測定するツールを開発するには、色々なことに留意し、専門家の知恵を借りて つくり込まなければならないことを。そしてテストには、「信頼性」、「妥当性」が担保されていなければならないことを。それを行うためには、手順に則り、 一つひとつ丁寧に開発を進め、その上、テスト結果を統計によって、その客観性を評価して始めてまともなものになるということを。分かっていただければセミ ナー企画者として大変嬉しく思います。

人材育成という仕事は、とても意義深いことです。しかし、それらが正しく実行されて始めて、その意義が形になっていきます。 一人ひとりが仕事の意義と専門性に気付いていただき、それらを高める努力を継続していただければ幸いです。

最後に、講師を務めていただいた劉さんと堤からのおすすめ書籍のご案内です。
統計に関する書籍
 英語教師のための教育データ分析入門  三浦省吾共著  大修館書店
 統計のはなし‐基礎・応用・娯楽   大村平著  日科技連出版社
 本当にわかりやすい すごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計  吉田寿夫著  北大路書房

テスト開発に関する書籍
 心理学研究法の新しいかたち 吉田寿夫編著 誠信書房
 心理尺度のつくり方 村上宣寛著 北大路書房

皆さん、本当にお疲れ様でした。


(ファシリテーター 人材育成マネジメント研究会 堤宇一)


テーマ 第6回教育効果測定分科会 「統計の基礎知識」
開催日時 2007年12月6日(木)/15:00~18:00
会 場 明治大学 駿河台校舎 紫紺館
参加者 21 名
ゲスト 劉 東岳(リュウ トウガク)氏 プロメトリック株式会社 テスト事業戦略コンサルティング課
ナビゲーター 堤 宇一 人材育成マネジメント研究会 代表  
開催日 2007年12月 6日 (木)